会社概要

  •  社名

松本食品工業株式会社

  •  設立

昭和23年4月創業

  •  所在地

〒297-0215 千葉県長生郡長柄町鴇谷1005(本社 / 工場)
TEL:0475-35-4761 FAX:0475-35-4766

  •  資本金

10,000千円

  •  代表者

代表取締役社長 藤﨑功一

  •  事業内容
  • こんにゃく類の製造販売
  • 清涼飲料水の卸
  • 惣菜の製造販売及び関連食品の販売
  •  工場敷地

8,000㎡

  •  工場建物
  • 工場棟 鉄骨へーベル   1,885㎡
  • 事務棟 鉄骨へーベル(延) 367㎡
  • 付属施設棟         27㎡
  •  通常生産能力

約120万個/月産

  •  売上高

300,000千円

  •  取引金融機関

千葉銀行 りそな銀行 房総信用組合

会社沿革

昭和28年 創業者松本清がこんにゃく類及び清涼飲料水製造販売の個人営業を開始。松本食品工業株式会社とする。
昭和29年 事業拡大のため茂原市高師392番地に工場を移転、飲料水自動化を図り、当時日産1万本、銘柄は国際飲料とし、登録商標を取得。
昭和34年 創業者松本清、清涼飲料及び関係業界発展の功を認められ、厚生大臣、食糧庁長官、農林大臣、千葉県知事より各賞を授与される。
昭和45年 松本信太郎、代表取締役社長に就任。
昭和48年 清涼飲料主業より副業のこんにゃく製造販売に主力転換し、事業拡大のため茂原市中の島に付属建物を新築竣工、併せて製造設備の近代化。
昭和53年 業界にさきがけ、さしみこんにゃく(スライス)を開発し、焼肉風こんにゃく【特許第1188107号】も発売。
昭和54年 千葉市新中央卸市場に卸売部門を独立させ、(株)トーコンを設置。
昭和57年 従業員の厚生施設、事務所を新設。
昭和59年 大型マンナン抽出機を導入。
昭和63年 茂原市郊外長柄町に大型工場を建設、全生産設備を移転し、装置の全自動化及び生産力増強により一貫した量産量販体制を確立。
平成元年 松本多喜男、代表取締役社長に就任。
平成9年 松本茂太郎、代表取締役社長に就任。
平成12年 惣菜の製造販売を開始。
平成23年 藤﨑功一、代表取締役社長に就任。

ページトップへ

松本食品工業株式会社

〒297-0215
千葉県長生郡長柄町鴇谷1005
Tel.0475-35-4761
Fax.0475-35-4766